Pic 1

Welcome

英会話は何歳から習うべきか

ある企業が「英語が出来ない役員は2年後には首にします」と発言して話題になったことがあります。
入社選考の条件にTOEICの点数を設定したり、と英語が必須の時代がやってきました。


私たちの多くは学校で英語を習っていました。

人や年代によって様々でしょうが、6年間であったり、10年間であったりする人が大半です。

そんなに時間を費やしたというのに、どうして英会話となるとまるで出来ないのでしょう。

どうすればよかったのでしょうか。そこで、自分の子どもには英語で苦労させたくないと子どもに英会話を習わす方が増えています。


ライティング中心の勉強をしてきて、英会話に困っているのは、まず耳が英語に慣れていないからです。そこで幼いうちから「耳から英語」にすることで、例えばCとKの聞き分けや、LとRの聞き分けが難なく出来るようになるのです。
では英会話は何歳から習うべきでしょうか。1番のおすすめは3歳です。


3歳であれば、英会話教室であっても、親子で踊って、ゲームをして、と遊びながら英語を体験することが出来ます。まずは聞くこと、そして楽しむことです。

英会話情報源としてこのサイトをご利用していただけると考えられる情報量です。

子どもに強要して英語嫌いになってしまっては元も子もありません。そして3歳であればだいぶ日本語の理解や話し方も上達している頃です。

毎日英語にふれられる環境で育つ方は問題ないでしょうが、週に1回1時間のレッスンをしただけでは、やはり効果はあまり高いとはいえません。

それを日本語でもちゃんとコミュニケーションが取れることで、復習することができるのです。
定期的に思い出すようにしてあげれば、子どもの能力は高いですからあっという間に身に付けてくれます。

ただし、気をつけて頂きたいのが、子どもによって当然個人差があることです。歌って踊っての英会話レッスンが嫌いな子もいるでしょうし、話すことが恥ずかしい子もたくさんいると思います。
子どもが今何に興味を持っているか、こういった環境を楽しめるか、お友達が一緒ならどうか、などお子さんの様子をみて選んであげるとよいでしょう。